--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQNに殴られた

2010年02月26日 23:32

いや、マジです。

詳しいいききつを書きましょう。

長くなりますが読んでいただけるのであれば幸いですorz
事の始まりは今日の放課後。

私と友人でバックでバレー的なことしてたんですよ。

友人にトスしたら友人みすってそのDQNの机に当てたんです。

DQN「おぁ?おいARYU?おまぇなにしてんだぁ!」








「「「友人は逃げ出した!」」」








ARYU「(  д)゚ ゚」

※以下D=DQN A=ARYU

D「あ?( ゚д゚)」

A「はぁ^^;」

D「おまぇぶつけといてなにその態度?」

A「しーんぱーいないさぁー♪」

D「マジで腹立つんだけど」

A「よろしいならば戦争だ」

ここでDQNの蹴り炸裂。


クリティカルヒット!!!





ARYU■■■■■■■■□□






A「良いセンスだ」

D「あぁん?なにその態度?」

A「ほう」

D「おぃ!あやまれや」

A「ゴメンナサイネー(棒読み)」

この時点で教室の前には人だかり

その中には友人のすがたも

D「なにその態度?」

A「はぁい」

D「おまぇむかつくんだよ」

A「ほう」

DQNの平手打ち炸裂!

ARYUのメガネは吹っ飛んだ!





ARYU■■■■■■■□□□






友人は笑っている・・・( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



A「気がすみましたか?(笑)」

D「あぁん?」

DQNがARYUを投げ飛ばすぅ!

ARYUはぁ!吹っ飛んでぇ!机にぃ!衝突したあぁぁぁぁぁぁッ↑!




ARYU■■■■■■□□□□




映画みたいになった

教室にいた方々騒然

ギャラリーも盛り上がってまいりました

その中には友人の姿が

・・・(* ^ω^)


ARYU「んでいつ終わるの?」

D「あぁ(ry」
?以下2回ほどループ?



ARYU■■■■□□□□□□


A「(`・ω・´)キリッ」

D「ケッ」


DQNは教室から出ていきまいた。

教室に残ってた数名の友人に



ARYU「あーいう馬鹿に反撃したらダメだよ☆」



そこにDQN登場。









「アッー!」












ARYU■□□□□□□□□□




DQNは去って行きました。

教室にいた観戦者が近寄ってきて心配してくれました
                ↑重要











ARYU■■■■■■■■■■■■■■■■■■









というわけで上機嫌で帰ろうとするとDQNと遭遇


ARYU■■■■■■■■■■■■■■■■■□

という具合でした。

?????????????????????????????????????
@わかりやすい3行解説@

友人逃げる
ARYU殴られる
実は効いてない

です。


長々と失礼いたしましたが皆様もご注意を。



PS。先ほど学校のほうから電話が来ましてこの事件のいききつを事細かに説明しました。
   そう自分に有利なようにね。だって俺殴ってないもん!

ココまで見てくださったかた本当にありがとうございましたorz

こんなこと愚痴らなきゃ生きていけません(笑)
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | qPkp8WwU

    No title

    チャキラは他人事のように・・・ww

  2. ARYU | URL | -

    No title

    >>はさん
    アイツも共犯だからね^^

  3. | URL | qPkp8WwU

    No title

    ってかなんで
    「DQN」って名前?

  4. ARYU | URL | -

    No title

    >>はさん
    ggr

  5. | URL | qPkp8WwU

    No title

    ググれってが!

    DQN(ドキュン)とは、日本で使われるインターネットスラング・蔑称の一つである。ヤンキー(不良)など頭が悪そうな、もしくは悪く暴力的な感じの、もしくは暴力をふるう人、または非常識で、知識が乏しそうな、あるいは乏しい人を指すときに用いられる。

    はいはい。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aryupuyo.blog66.fc2.com/tb.php/27-7654f6c1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。